カスタム投稿の一覧を簡単にショートコードで表示させるテクニック【ノーコード】

WordPressでカスタム投稿タイプを沢山追加して、それぞれのカスタム投稿の最新投稿記事一覧を、固定ページに表示させたいという依頼がありました。

この場合、本来であればカスタム投稿タイプを必要数分用意して、それぞれのカスタム投稿の最新投稿記事一覧を表示させるようにphpコーディングするかと思います。

ですがこれだと結構手間ですし、お客様側でメンテナンスしてもらうことが難しくなってしまいます。

実は3つのプラグインを利用することで、この課題を簡単に無料で解決することができます。

この記事ではそのマル秘テクニックをご紹介します。

事前準備|用意するプラグイン3つ

まずは上記全てのプラグインをインストールし、有効化しておきます。

事前準備はこれだけ終わりです。

実装手順1|Custom Post Type UIでカスタム投稿タイプを作成する

Custom Post UIの基本設定

Custom Post Type UIのメニューにある、「投稿タイプの追加と編集」を押します。

上記の通り基本設定を済ませたら、下記の通り追加設定を2つ仕込んでおきます。

アーカイブありをTrueにする

アーカイブありをTrueにする

アーカイブありはデフォルトでFalseになっています。

こちらをTrueにすることで、追加するカスタム投稿タイプにアーカイブ(記事一覧)ページを設けることができます。

スラッグは空欄のままで構いません。

この場合、”https://sample.com/slug-name/”がアーカイブページのURLとなります。

サポートでは”なし”以外に全てチェックを入れる

なしの選択肢以外、サポートの各項目にチェックを入れる

サポートの各項目にチェックを入れると、チェックを入れた項目をそのカスタム投稿タイプで利用できるようになります。

こちらの作業は必須ではありませんが、標準設定としてこのように仕込んでおきましょう。

最後に「投稿タイプを追加」を押すことで、カスタム投稿タイプの追加が完了します。

カスタム投稿タイプの表示
今回は広報というカスタム投稿タイプを追加しました

完了すると、WordPressの管理画面にカスタム投稿タイプが表示されます。

実装手順2|Widget ShortcodeにRecent Posts Extendedを追加する

外観⇨ウィジェットを開きます。

Recent Posts Extended

「利用できるウィジェット」にRecent Posts Extendedが表示されるので、これをWidget Shortcodeに追加します。

Widget ShortcodeにRecent Posts Extendedを追加する

実装手順3|Widget Shortcode内のRecent Posts Extendedを編集する

Recent Posts Extendedの編集画面

Recent Posts ExtendedをWdiget Shortcodeに追加すると、このような編集画面が表示されます。

Post Typesで、ショートコード化したいカスタム投稿タイプを選択します。

その他の設定を済ませたら、「保存」を押します。

生成されたRecent Posts Extendedのショートコード

そうすると、このようにショートコードが生成されますので、コピーしておきます。

実装手順4|カスタム投稿の最新記事一覧を表示させたいページにショートコードを配置する

生成されたショートコードを配置する

最後に、記事一覧を表示させたいページにショートコードを配置します。

カスタム投稿タイプの記事一覧の表示結果

そうすると、このようにカスタム投稿タイプごとの記事一覧を表示させることができます。

記事一覧は1つのショートコードで1つまでしか表示させることができないという制約もありません。

そのため総務及び広報の記事一覧を表示させるショートコードも簡単に作ることができるのです。

このように3つのプラグインを使うだけで、ノーコードでカスタム投稿タイプ一覧を表示させることができます。

非常に便利ですよね。

ぜひ活用してみてくださいね。